読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯は一度にいじらない事が大切

歯は一度にいじらない事が大切
(体のバランスを崩さない)
http://sizensikae.exblog.jp/23881701/

http://sizensika.sakura.ne.jp/hd/mc.html
から

木が時間をかけ根を張りながら大きく成長する様に、私達の歯も体も時間を掛け、からだ全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科治療で体が長年掛かって築き上げたバランスを崩さないようにしましょう

歯科医療等に伴う噛み合わせの不調和が原因で頭痛、肩こり、腰痛、不整脈、無呼吸、アドレナリンの増加、体の歪み、その他様々な事が起こる事があります。

私達の歯の噛む力は50キロ近く有り、それぞれの歯が支え合いながら動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えますので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事がありますので、治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成りません。歯科医療所詮偽物、最小限を心がけ一度に治療しない事が大切。歯の堅さ、形全てに意味があります。車に純正部品が良いように歯も自然が一番です。

1本歯を削ればその歯に加わっていた50キロ近くの力が他の歯に移動します。

2本削れば二本分の歯に加わっていた力が他の歯に移動し歯にも顎にも骨にも体にも問題を起こします。

歯医者に掛かれば掛かるほど、かみ合わせが不安定に成り、歯も体も駄目になります。

歯は見える骨格です。歯は噛むだけでなく体のバランスを保つ働きを持っています。歯科医療に依り、顎がずれ、体のバランスが変わり体に様々な問題を起こします。
歯を削ったり、抜いたりと言う歯科医療に依り、50キロ近くの力で歯も動き、顎もずれます。坂の途中にある大きな岩が転がらない樣に支えている支え棒を外すと岩がゴロゴロと転がり出すように、体全体のバランスを考えずに部分だけをみて、安易に歯を削ったり、抜いたりすると顎はずれ、歯は益々頑張り、歯も身体も駄目になります。部分だけでなく、体全体のバランスを考えた歯科医療が大切です。

バランスが大切
http://sizensika.sakura.ne.jp/bra/bra.html

先人の反省
http://sizensika.sakura.ne.jp/hans.html

一本の歯が人生を狂わす
http://sizensika.sakura.ne.jp/iti.html

皮膚病と歯
http://sizensika.sakura.ne.jp/atpi/atpi.html

歯科医療で顎ずれ体が歪がむ
http://sizensika.sakura.ne.jp/in2/by.pdf

歯と精神病他
http://sizensika.sakura.ne.jp/kim1.jpg
http://sizensika.sakura.ne.jp/kim2.jpg

調和歯科のすすめ
http://sizensika.sakura.ne.jp/hd/hd.html

自然歯科のすすめ
http://sizensika.michikusa.jp/

f:id:sizensika:20170226092401j:plain